• ホーム
  • >
  • 記事一覧
  • >
  • 公共料金はクレジットカード払いがおトク?メリット・デメリットとお支払いにおすすめのカードも紹介
2021年03月19日

公共料金はクレジットカード払いがおトク?メリット・デメリットとお支払いにおすすめのカードも紹介

光熱費や通信費などの公共料金を支払う際、払込用紙でのお支払いや金融機関の口座振替を設定していませんか?実はもっとおトクな方法があるんです! 多くの公共料金の事業者が、クレジットカードのお支払いに対応しているのをご存じですか?特別なお買物ではなく、毎月支払いが必要な公共料金をクレジットカードで支払うだけで、ご利用金額に応じたポイント還元があれば、効率よくポイントがためられますよね。毎月の支出の管理が楽になったり、お支払い日をまとめられたりするなど、多くのメリットがありますよ。 当記事では、クレジットカードで支払い可能な公共料金の種類をはじめ、必要な手続き方法について説明します。 さらに公共料金をクレジットカードでお支払いするメリットや注意点、おすすめのクレジットカードについて紹介します。

公共料金のお支払いもクレジットカードにまとめよう!手続きの方法は?

クレジットカードでお支払いができる公共料金にはどんなものがあるのでしょうか?
どの公共料金をクレジットカード払いにすれば良いのかを判断するための参考にしてくださいね。

クレジットカードでお支いできる公共料金

クレジットカード払いに対応している公共料金はさまざまですが、たとえば以下の5つが挙げられます。

  1. 電気料金
  2. ガス料金
  3. 水道料金
  4. 電話料金
  5. インターネット接続料金


これらを2つのグループに分けて、紹介していきます。

電気・ガス・水道料金

東京電力や関西電力などの電力会社、東京ガスや大阪ガスなどのガス会社をはじめとする多くの事業者が、クレジットカード払いに対応しています。

事業者によっては電気とガスの料金をまとめることで料金が割引きされるサービスもあるので、それらも活用すると良いでしょう。
水道料金も東京都や神奈川県横浜市、大阪府大阪市などさまざまな地域でクレジットカード払いが可能です。

東京都水道局では「23区内および多摩地区26市町で水道を使用する方」の水道料金はクレジットカード払いができるとホームページに記載されていますが、地域によりクレジットカード払いに対応していないエリアもあります(2021年3月15日時点)。お住まいの地域の対応状況は管轄する市区町村のホームページなどで確認してください。

電話料金、インターネット接続料金

自宅の固定電話や携帯電話・スマートフォンのご利用代金、インターネットの利用料金などもクレジットカード払いが可能です。

特に携帯電話料金はデータ通信料や通話料などで請求金額が大きくなってしまうこともありますよね。クレジットカード払いにすれば利用金額に応じたのポイント進呈がありますし、還元率の高いカードをお支払いに設定すればさらにおトクですす。

公共料金をクレジットカードで支払うための手続き方法は?

公共料金をクレジットカード払いにする手続きは、利用する事業者によって異なります。
公式ホームページもしくは電話やお問い合わせフォームなどで申込書を請求して申込みするなどさまざまです。

たとえば、ドコモの携帯電話料金をWebでのお手続きで、クレジットカード払いにしたい場合は、My docomoにアクセスして「支払方法の変更」からdアカウントでログインして手続きを進めます。
そのほかに「ドコモショップ」に来店予約をしてお手続きや「ドコモ インフォメーションセンター」に問合せを行う方法でも手続きは可能です。

おトクで便利!公共料金をクレジットカード払いにする4つのメリット

公共料金をクレジットカードで支払うと、どんなメリットがあるのでしょうか?
ポイントがおトクにたまるなど多くのメリットがあるので、ぜひチェックしておきましょう。 

利用金額分のポイントがおトクにたまる!

公共料金をクレジットカードで支払う最大のメリットは、利用金額に応じたポイント還元を受けられることです。これは口座引落しや振込用紙での支払いなどにはない、クレジットカード払いならではのメリットです。

たとえば、電気・ガス・水道料金などの公共料金を年間30万円支払った場合、1%還元のクレジットカードをつかえば合計3,000円分のポイントが還元されます。
公共料金のお支払いをクレジットカードに一度設定するだけで、お支払いごとにポイントが自動的にたまっていくのはうれしいですね。

毎月の支出をご利用明細書で確認できるから便利!

公共料金をクレジットカードで支払うと、毎月のクレジットカードのご利用明細書を確認するだけで先月の電気料金がいくらだったか、先月と比較して今月はどうか、などの管理もかんたんになります。

何枚もの領収書を見比べる必要はありませんし、Webのご利用明細書であればペーパーレスで支出管理を行えますよ。

公共料金のお支払い日をまとめられる!

公共料金のすべてを同じクレジットカードで支払えば、毎月1回の口座引落し日にお支払いをまとめることが可能です。

公共料金を口座引落しや払込用紙で支払う場合、毎月のご利用料金をチェックして金融機関の口座に入金したり、コンビニなどで支払いを行ったりする必要があります。
さらに公共料金ごとに支払い期日が異なれば、その都度口座に入金をしたりお支払いに行く必要もあります。。

その点、クレジットカード払いなら、毎月のご利用金額を引落し口座にまとめて入金しておくだけ。「どのくらい入金すれば良いのか」「どの公共料金にどれだけ支払ったのか」もご利用明細書のみで確認できて、管理がしやすいですね。

クレジットカードの利用実績を築ける

毎月の公共料金をクレジットカード払いにすると、カードの利用実績も築けます。
利用実績によって翌年度以降のカード年会費が無料になったり、年間のカード利用金額によって通常ポイント還元率がアップしたりすることもあるでしょう。

気をつけよう!公共料金をクレジットカードで支払うときの2つの注意点

利用金額相当のポイントがたまるなど、公共料金をクレジットカード払いにするメリットは多くありますが、デメリットになりそうな点も知っておきましょう。
前もって知っておけば、対応方法を取り入れて回避することができますよ。

クレジットカード払いにできない公共料金がある

多くのクレジットカードで公共料金のお支払いができますが、一部の地域や事業者では対応していない場合もあるので注意しましょう。

お住まいの地域や事業者がクレジットカード払いに対応しているかどうかは、電力会社、ガス会社、水道局の公式ホームページなどから確認するとスムーズです。

口座振替割引契約は適用されない

公共料金のなかには、条件をクリアすると口座振替のご利用で割引が適用されるものがあります。

たとえば、東京電力や関西電力をはじめとする多くの電力会社では「対象のお客さま」に該当する場合、1契約あたり当月分の電気料金から55円割引されます。

公共料金をクレジットカード払いにしても特に割引はありません。しかし、クレジットカードのポイント還元があるため、進呈されるポイントと口座振替割引の金額のどちらが多いか確認してお支払い方法を決めましょう。

要チェック!公共料金をクレジットカード払いにする際に確認することは?

ここでは、クレジットカード払いにする前に確認しておきたいことをご紹介します。
公共料金をスムーズにお支払いできるようにチェックしておきましょう。

利用限度額内で無理なくお支払いできるかを確認

クレジットカードにはご利用限度額があり、設定された金額以上のお支払いはできません。
毎月お支払いする公共料金がご利用限度額の範囲内でおさまるかどうかを必ずチェックするようにしてください。

たとえば、クレジットカードのご利用限度額が20万円だった場合、公共料金のお支払いが5万円だとすれば、ほかのお支払いにつかえるのは15万円です。特に高額決済をしたときはご利用限度額があとどのくらい残っているのかをしっかりチェックしましょう。
もし設定されたご利用限度額で毎月の公共料金のお支払いが難しい場合は、増枠の申請をおすすめします。

クレジットカードの更新の際は再度申込み手続きが必要

使用するクレジットカードが更新の時期を迎えたときは、カード番号は変わらないものの有効期限やセキュリティコードが変更となります。公共料金の事業者によっては新しいカードの情報に自動更新される場合もありますが、ご自身で更新が必要な場合は、更新を行わずにそのままにしてしまうと決済ができず、延滞扱いとなる可能性もありますのでご注意ください。。

クレジットカードの更新時期が近づいてきたら、あらかじめ各事業者の公式ホームぺージで更新手続きが必要かどうかを必ず確認しておきましょう。

公共料金とクレジットカードの契約者名義が異なる場合

公共料金を世帯主の名前で契約していて、お支払いは配偶者やお子様名義のクレジットカードで行いたいなどのケースもあるのではないでしょうか。公共料金とクレジットカードの契約者の名義が違う場合、お支払いができるかどうか気になりますよね。

契約者名義が異なる場合の対応は支払う公共料金によって異なるため、公式ホームページなどを確認するのがより正確な情報を入手できるでしょう。

公共料金のお支払いにおすすめ!dカードはどんなカード?

公共料金のお支払いにおすすめのクレジットカードは多くありますが、その中でも高還元率でポイントがおトクにたまったり、充実度の高いサービスや特典を利用できたりするのが、ドコモのdカード/dカード GOLDです。

特にドコモユーザーの方は、dカード/dカード GOLDでのお支払いを検討してみるといいでしょう。

公共料金のクレジットカード払いは、dカード/dカード GOLDにまとめよう!

公共料金のお支払い方法で他社のクレジットカードを利用されている方は、dカード/dカード GOLDでお支払いをまとめることも検討してみましょう。

ご利用になるクレジットカードによっては、公共料金のお支払いのみポイント還元率が下がる場合があります。たとえば、公共料金のお支払い時は200~500円で1ポイントというクレジットカードがある一方、dカード/dカード GOLDは、通常のお買物と公共料金のお支払いとで還元率は変わらず100円(税込)でdポイントが1ポイントが進呈されます。

またdカードでは、「家計まるごとdカード支払い特典」を実施しています。
これはエントリーをしてから電気、ガス、水道、固定電話/通信料金など7つのカテゴリをdカードでお支払いした場合に、初回引き落とし1加盟店あたり期間・用途限定ポイントが300ポイント貰える特典です。

上手に活用すれば合計最大2,100ポイントがたまります。
公共料金のクレジットカード払いを検討している方は、ぜひ活用を検討してみてください。

dカードは年会費無料!

年会費永年無料、発行手数料無料で維持コストがかからないdカード。「dカードケータイ補償」など特典があるため、公共料金のお支払い以外でも活躍します。

コストパフォーマンスが良くてつかい勝手の良いカードを探している方は、ぜひお申込みをしてみてはいかがでしょうか。

dカードのご紹介

https://d-card.jp/st/abouts/d-cardapply.html

dカード GOLDならポイントがもっとおトクに!

dカード GOLDの場合、毎月のドコモのケータイ料金/ドコモ光のご利用代金1,000円(税抜)ごとに税抜金額の10%がポイント還元されます。端末代金や・事務手数料等など、一部還元の対象外となる費用がありますが、ドコモユーザーの方にはうれしい特典ですよね。

そのほかにもドコモユーザーの方は、ドコモのケータイ料金のお支払いをdカードやdカード GOLDにすれば1,000ポイントのdポイント(期間・用途限定)がもらえる特典もありますので、ぜひチェックしてみてください。

ケータイのお支払いをdカードにしてdポイント 1,000ポイントもれなくプレゼント!!

https://info.d-card.jp/std/campaigns/dcard_payment18/cpn-dcard_payment18.html

dカード GOLDは年会費11,000円(税込)がかかりますが、補償も充実していて、毎月の携帯電話料金やドコモ光のご利用代金が10,000円程度であれば、還元されるポイントの量が年会費よりも多くなるので、おトクに利用できますよ。
日ごろドコモのスマートフォンやケータイ、インターネットを利用している方は、dカード GOLDを持っているだけでしっかりポイントがためられて、補償も充実したdカード GOLDのご利用もぜひ検討してみてくださいね。

dカード GOLDのご紹介

https://d-card.jp/st/abouts/d-cardgoldapply.html

公共料金のお支払いはクレジットカードで!上手に活用しよう

公共料金のお支払い方法には、口座振替・払込書でのお支払いとクレジットカード払いがあります。
光熱費などの公共料金のお支払いをクレジットカード払いにすると、一度設定を行えば、あとはお支払いごとに自動的にポイントがどんどんたまっていくのでおトクです。ご利用中の事業者にクレジットカード払いに対応している事業者があれば、ぜひクレジットカード払いへの変更を検討してみましょう。

公共料金支払いにおすすめのdカード/dカード GOLDは、通常のお買物でも100円(税込)につき1ポイントのdポイントがたまるほか、毎月のドコモのケータイ料金/ドコモ光のご利用代金については、年会費永年無料のdカードは1,000円(税抜)につき10ポイント、年会費11,000円(税込)のdカード GOLDは1,000円(税抜)につき100ポイントが還元されます。(端末代金・事務手数料など一部は対象外)
ドコモユーザーの方で、ご家族分のケータイ料金やドコモ光のご利用料金が毎月10,000円(税込)程度、という方にはdカード GOLDがおすすめ。還元されたポイントで年会費をまかなえる可能性がありますよ。

※2021年3月29日時点の情報です。

日々の支払いをdカードにまとめると?

簡単チェック!
dポイント獲得シミュレーション

dポイントをさらにためるならおすすめの1枚

dカード新規入会はこちらから

ドコモユーザーなら断然おすすめ!

dカード GOLD

年会費11,000円(税込)

  1. 毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」ご利用料金1,000円(税抜)ごとに税抜金額の10%ポイント還元※
  2. ケータイ補償3年間で最大10万円
  3. 国内・ハワイの主要空港ラウンジ利用無料
  4. 年間で100万円・200万円(税込)以上のご利用で年間ご利用額特典11,000円分・22,000円分を進呈
  • ※端末代金・事務手数料等一部対象外あり
  • ※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元
dカード GOLD 入会&利用特典
dポイント(期間・用途限定) 最大11,000ポイント進呈!
dカード GOLDの詳細・お申込み

年会費永年無料!

dカード

  1. いつものお買物で100円(税込)ごとに1%ポイントたまる!
  2. 年会費 永年無料!
dカード入会&利用特典
dポイント(期間・用途限定) 最大6,000ポイント進呈!
dカードの詳細・お申込み

CAMPAIGN

おトクな特典・キャンペーン