• ホーム
  • >
  • 記事一覧
  • >
  • ふるさと納税「駆け込み」のコツ!年末申請でも年内に間に合う?
2021年09月29日

ふるさと納税「駆け込み」のコツ!年末申請でも年内に間に合う?

年末が近づくと、駆け込みで年内に間に合うように申請を済ませたいのがふるさと納税です。いつまでに申請すれば間に合うのでしょうか。本記事ではふるさと納税の期限、年内申請する場合の注意点やコツを解説します。さらに、ふるさと納税でもポイントがたまるおすすめのポイントサービスやサイトもご紹介します。

ふるさと納税はいつまで?2021年分の期限について

ふるさと納税で税金控除を受けるには、申込み期限と控除の手続き期限に気をつけてください。申込み期限は、自治体に寄付を申込む期限です。その後、控除を受けるにはワンストップ特例制度または確定申告の手続きが必要ですが、この手続きにも期限があります。まずは2021年分のそれぞれの期限をチェックしましょう。

2021年分の控除を受けるには年内に申込みを!

ふるさと納税は1年中申込みを受付けていますが、今年の税金控除を受けるには年内に申込む必要があります。2021年分の控除対象となるのは、2021年12月31日までの寄付です。

控除対象になるかどうかは、寄付金受領証明書に記載されている受領日で決まります。受領日は入金日となり、2021年12月31日までに入金を完了させなくてはいけません。

たとえば、2021年12月27日に寄付申込みをしたものの、入金が2022年1月5日になると2022年分の寄付になってしまいます。年内申込みを検討している方は、2021年12月31日までに申込みから入金までを完了させましょう。

2021年分のワンストップ特例制度申請期限は2022年1月10日

ワンストップ特例制度とは、確定申告をする必要のない給与所得者で、1年間の寄付が5自治体以内の方が利用できる申請方法です。確定申告より楽に手続きできるので、会社員の方などに向いています。

ワンストップ特例制度の申請書提出(送付)期限は、翌年1月10日(必着)です。2021年分は2022年1月10日が期限で、この日までに申請書類と必要書類が寄付先の自治体に届いている必要があります。
2022年1月10日は月曜日ですが祝日です。2022年1月7日(金)までに届くよう、早めに書類の準備をはじめるのがおすすめです。期限に間に合わなかった場合は、確定申告をすれば寄付金控除を受けられます。

2021年の確定申告期限は2022年3月15日

確定申告の提出期間は2月16日から3月15日です(時勢により期限が延長される場合もあります)。この期間に、税務署に確定申告書類と寄附金受領証明書を提出して手続きしましょう。

ワンストップ特例制度と確定申告は同時に利用できません。ワンストップ特例制度が使える条件を満たしていない方や期限に間に合わなかった方は、確定申告で手続きをしてください。

駆け込みOK!年内に申請まで間に合わせる注意点やコツ

駆け込みでの寄付を考えながら、返礼品が生鮮食料品の場合に一度に食べきれない心配がある方や、ゆっくり品物を選びたいと思っている方もいるでしょう。また、年末の申込みの場合に、入金まで年内に間に合うかと心配する方も多いと思います。ここでは年内に間に合わせる注意点やコツをご紹介します。

食品は定期便を利用すれば複数回に分けて楽しめる

食品の返礼品を受け取れる寄付を考えている方は、定期便がおすすめです。1度の寄付で返礼品が複数回に分けて届くので、年内に申込んでおけばゆっくりと特産品を楽しめます。

何度も申込むのが面倒、保管場所に困る、ひとり暮らしなので大量に届くと食べきれないという方に便利なことが定期便のメリットです。

食品の定期便には肉や海産物、米、お酒、ドリンク、果物、野菜などたくさん種類があります。旬の時期に届くことも、グルメな方にはうれしいポイントですね。

年内発送を狙うなら各自治体の申込み期限を要チェック

年末年始に家族で集まったときに食べ物やお酒を用意したい、普段お世話になっている方にプレゼントしたいなど、年内に返礼品が手元に届いてほしい場合の注意点があります。

年内に返礼品を受け取りたい方は、各自治体の申込み期限を確認してください。自治体によっては年内発送できる期限を設けているところがあります。12月上旬や中旬までに入金があることなど、入金まで完了していることを要件としているケースが多いため、しっかり確認しておきましょう。

「ポイント制」を上手に使うとゆっくり返礼品選びできる

ゆっくり返礼品を選びたい方にぴったりなのが「ポイント制」です。自治体に寄付すると返礼品の代わりにポイントが進呈され、後でポイント交換対象の品を選べます。

ポイント制なら駆け込みで寄付をしても、翌年に好きなタイミングで品物に交換可能です。ただし、ポイントには有効期限があるので、ポイントの期限切れには注意してください。

入金日が年内になるよう支払い方法に注意

ふるさと納税で、今年の控除対象になるかどうかは入金日で決まります。支払い方法によってすぐに入金完了となるものもあれば、時間がかかるものもあるので気をつけてください。

入金方法は自治体やふるさと納税サイトによって異なりますが、銀行振り込みや現金書留、コンビニ払い、クレジットカード、スマホ決済などがあります。

駆け込みなら、決済完了日が入金日となるクレジットカードやスマホ決済がおすすめです。クレジットカードやスマホ決済なら、決済サービスのポイントもたまります。

ドコモの「d払い」もスマホ決済のひとつです。次項ではd払いをふるさと納税に利用する方法や、dポイントのたまりかた・つかいかたなどを見ていきましょう。

dポイントがたまる「ふるさとチョイス」はd払いが使える!

ふるさと納税サイトの「ふるさとチョイス」はd払いが使えて、寄付によってdポイントがたまります。ここでは、ふるさとチョイスの特徴と寄付でできるポイ活について解説します。

返礼品の掲載数と決済手段が多い!「ふるさとチョイス」

「ふるさとチョイス」はお礼の品掲載数No.1※のふるさと納税サイトです(※2020年9月 日本マーケティングリサーチ機構の調査結果)。1,600を超える自治体の返礼品37万点ものなかから選べます。

クレジットカードやスマホ払いなど使える決済手段が多く、駆け込みで寄付したい方にも最適です。d払いに対応しており、ふるさと納税の寄付金100円利用につき1ポイントのdポイントがたまります。さらにたまったdポイントは、d払い決済時に1ポイント=1円としてつかえるので、次回の寄付への充当や、ほかのつかい道にも活用可能です。

ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」

https://www.furusato-tax.jp/

d払いアプリをまだダウンロードしていない方は、以下よりダウンロードできます。

d払い - dポイントがたまる!かんたん、便利なスマホ決済

https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/

dアカウント連携で会員登録&ログインがらくらく

ふるさとチョイスはdアカウントと連携しており、会員登録やログインが楽にできます。dアカウントに登録している氏名や住所でふるさとチョイスに会員登録できるので、入力の手間もかかりません。ログイン時はdアカウントのEメールとパスワードでログイン可能です。

ドコモユーザーの方もこれからdポイントをためたい方も、アカウント連携すれば毎年簡単に寄付申込みができます。少しでも手続きを楽にしたい方は、ぜひdアカウント連携をしてふるさとチョイスを使ってみてください。

「d曜日」キャンペーンも適用可能!寄付でポイ活

ふるさとチョイスでd払いを使うなら、ネットのお店でのお買物がおトクになる「d曜日」キャンペーンを活用しましょう。毎週金・土曜日はd払い(ネット)のご利用でdポイントが最大4%還元されます。お買物時にdポイントをつかった場合でもポイントがたまるので、寄付をするなら金・土曜日が狙い目です。

たとえばd払い(ネット)で10,000円寄付した場合、通常は100ポイントたまりますが、「d曜日」キャンペーンでは通常ポイント100ポイント+d曜日ポイント200ポイント(期間・用途限定)の計300ポイントを獲得できます。

さらに、d払いのお支払い方法をdカードに設定しているとdカードのご利用分に対する通常ポイント100ポイントもたまるので、最大還元率4%が達成され、合計400ポイントの獲得になります。

キャンペーンを適用するには月ごとのエントリーが必要です。忘れないうちにぜひエントリーして、金・土曜日にふるさとチョイスを利用してみてください。

毎週おトクなd曜日

https://nttdocomo-ssw.com/keitai_payment/campaign/dp/cpn_dp5_sat.html

ためるならdポイントがいい理由とは?

ふるさと納税でポイントをためるなら、たまる店やつかえる店が多いdポイントがおすすめです。

dポイントはレストラン・コンビニ・ドラッグストア・ファストフード店・ネットショッピングサイトなど加盟店がたくさんあり、毎日のお買物に応じてポイントがたまります。また、dポイントがたまる店のほとんどでポイントがつかえるため、お買物時に便利です。

ポイントアップキャンペーンをしていることも多く、ポイントを集中的にためるならdポイントがおトクです。

他にもある!ふるさと納税でdポイントをためる裏技

ふるさと納税でdポイントをためるなら、できるだけ効率よくためたいですよね。ここではdポイントをためる裏技を3つご紹介します。

「さとふる」は「d払い ポイントGETモール」を経由すればポイントがたまる

ランキングとレビューでおすすめの返礼品を探せるふるさと納税サイト「さとふる」。さとふるを使うなら、「d払い ポイントGETモール」を経由して申込みましょう。d払い ポイントGETモールは、お買物時にd払いアプリを経由するとdポイントがたまるサービスです。

2021年9月13日現在、さとふるは1回10,000円以上の寄付で200ポイントたまります。ただし、さとふるはd払い決済できないため、寄付金の金額に応じたdポイントをためるにはクレジットカード決済でdカードを利用するのがおすすめです。

d払い ポイントGETモール

https://dpay-pointmall.com/static/index.html

dカードをお持ちの方なら「dカード ポイントUPモール」経由でポイント還元率アップ

ふるさと納税サイトは、ふるさとチョイスやさとふる以外にもたくさんあります。クレジットカード払いができるサイトなら、dポイントがたまるdカードを使いましょう。

dカードで決済をする場合は「dカード ポイントUPモール」を経由するとポイント還元率がアップします。「ふるさとプレミアム」や「ふるさと本舗」などが掲載されており、最大で4.5倍(2021年9月13日現在)のポイントを獲得できます。

dカード ポイントUPモールには、さまざまなネットショップが掲載されているため、ぜひ普段のお買物にも活用してください。

dカード ポイントUPモール

https://docomo.pointupmall.com/

普段の買物にもおトクな「ポイント広場」経由でもたまる

「ポイント広場」はショッピングやサービス予約、ゲームでdポイントがたまるサイトです。「ふるさと納税ニッポン」「ANAのふるさと納税」などが掲載されており、サイトを経由して申込むとdポイントが還元されます。ぜひポイント広場もアクセスしてみてください。

ポイント広場

https://hiroba.dpoint.jp/

ふるさと納税の申請は年内に済ませよう

今回は、ふるさと納税の期限について解説しました。ポイントは以下の通りです。

  • ふるさと納税の申込みは1年中できるが、今年の控除対象になるのは12月31日までに申込みと入金が完了したもの
  • 2021年分のワンストップ特例制度申請期限は2022年1月10日(必着)。ただしこの日は祝日なので、早めに送付手続きを済ませたほうがよい
  • 2021年分の確定申告期限は2022年3月15日
  • ふるさと納税には、定期便やポイント制などうれしいサービスがある
  • 駆け込みでの申込みなら決済完了日が入金日になるクレジットカードやd払いなどのスマホ決済がおすすめ。さらにポイントもたまる
  • ふるさと納税でdポイントをためるなら、d払いが使えてdポイントがたまる「ふるさとチョイス」が駆け込みにもおすすめ
  • 「d払い ポイントGETモール」「dカード ポイントUPモール」「ポイント広場」経由で寄付をするとdポイントがたまる


ふるさと納税の申請は年内に終え、ぜひポイントもためてください。次回の寄付や普段のお買物がもっとおトクになりますよ。


※2021年9月29日時点の情報です。

日々の支払いをdカードにまとめると?

簡単チェック!
dポイント獲得シミュレーション

dポイントをさらにためるならおすすめの1枚

dカード新規入会はこちらから

ドコモユーザーなら断然おすすめ!

dカード GOLD

年会費11,000円(税込)

  1. 毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」ご利用料金1,000円(税抜)ごとに税抜金額の10%ポイント還元※
  2. ケータイ補償3年間で最大10万円
  3. 国内・ハワイの主要空港ラウンジ利用無料
  4. 年間で100万円・200万円(税込)以上のご利用で年間ご利用額特典11,000円分・22,000円分を進呈
  • ※端末代金・事務手数料等一部対象外あり
  • ※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元
dカード GOLD 入会&利用特典
dポイント(期間・用途限定) 最大11,000ポイント進呈!
dカード GOLDの詳細・お申込み

年会費永年無料!

dカード

  1. いつものお買物で100円(税込)ごとに1%ポイントたまる!
  2. 年会費 永年無料!
dカード入会&利用特典
dポイント(期間・用途限定) 最大6,000ポイント進呈!
dカードの詳細・お申込み

CAMPAIGN

おトクな特典・キャンペーン