こんな手口にご注意

このようなケースが多発しております。

駐車中の車からの盗難

駐車している車から貴重品を盗む手口です。たとえロックをしても巧みにドアを開けたり、窓を壊しなかのものを盗みます。
車を離れる時は、必ずクレジットカードの入った財布など貴重品、鞄、背広を持って出ましょう。

飲食店などでのスリ

椅子やハンガーにかけた上着や鞄から財布を抜き取る手口です。
また、店員とトラブルを起こし、店員や客の気をひき、その隙に別の仲間が貴重品を盗むこともあります。クレジットカードの入った財布など貴重品は必ず身につけましょう。

電車内、駅などでのスリ

眠り込んでいる人から財布や鞄を盗む手口です。悪用犯はそんなあなたを狙っています。人気のない電車内、駅のベンチの居眠りは禁物です。

グループによるスリ

エレベータや電車などでスリグループが前後を挟み、前の人が荷物を落とし、拾っているどさくさに紛れて後ろの人間がスリを行います。 鞄や財布から目を離さないよう気をつけましょう。

海外ATM被害

海外で偽のATMが設置され、クレジットカードを入れると吸い込まれてしまいます。そんな時は、すぐクレジットカード会社へご連絡ください。
また、ATMを利用した後に声をかけてくる人にはご注意ください。あなたのクレジットカードを狙い、暗証番号を巧みに聞き出そうとします。 決して教えず、クレジットカードを取られないよう気をつけましょう。
また、置き引きなどにもご注意を!!

暗証番号被害

紛失、盗難にあった際、クレジットカード会社、警察、銀行、駅員、拾得者を名乗って、「ご本人様確認をするので暗証番号を教えてください」と 暗証番号を聞き出そうとするケースが増加しています。
クレジットカード会社、警察、銀行、駅員、拾得者が暗証番号をお聞きすることはございませんので絶対に教えないでください。

先頭に
戻る