フィッシングやスパイウェアによるネット詐欺にご注意ください

クレジットカード会社や各種検索サイトなどを装うEメールやスパイウェアによるネット詐欺にご注意!!

クレジットカード会社や各種検索サイトなどを装うメールにご注意

このような犯罪が発生しています

  • クレジットカード会社などを装い、さまざまな案内のメールを不特定多数の方に送り、偽のホームページに誘導してお客様のクレジットカード番号、有効期限、暗証番号、住所などの個人情報を入力させるフィッシング詐欺が発生しています。誘導先の偽のホームページは、クレジットカード会社のホームページに似たデザインやURL(ホームページのアドレス)を使用している場合があります。メールに正しいクレジットカード会社のURLを記載しながら偽のホームページにリンクしたり、偽のホームページに正しいクレジットカード会社のURLを表示するなど、手口が巧妙化しています。
  • 各種検索サイトやオークションサイトなどを装い、不特定多数の方にさまざまな案内のメールを送り、偽のログインページに誘導してお客様のクレジットカード番号や有効期限、暗証番号などを入力させる悪質なメール詐欺が急増しております。そのメールやリンク先のWebサイトの安全が確認できない場合、決してメールの返信やログイン、個人情報の入力などなさらぬよう、十分お気をつけください。

詐欺メールの例(英文もあり)

『インターネットを安全にご利用いただくために、あなたの個人情報を最新のものに更新してください。』
『おめでとうございます。○○のご当選です。』
などの案内をして個人情報の入力を求めます。

  • 英文などでの案内の場合もあります。

被害に遭わないためには

弊社に代わって日本クレジットカード協会(JCCA)、マスターカードインターナショナル、Visaインターナショナル、VJAグループがお客様の個人情報をEメールでうかがうことはありません。
OS・ブラウザ・メールソフトのアップデートをきちんと行ないましょう。セキュリティ上の欠陥を放置しておくと、ホームページを見たり、メールを開いただけで、不正なプログラムをインストールされる場合があります。

ウイルスチェックソフトなどのセキュリティソフトを利用することをお勧めします。

フィッシング対策協議会のホームページにフィッシングの事例が紹介されています。詳細は以下よりご確認ください。

スパイウェアによるネット詐欺にご注意

このような犯罪が発生しています

  • ブラウザやメールソフトのセキュリティ上の欠陥を突いたり、フリーソフトなどを通じて、スパイウェアなどの不正なプログラムを密かにインストールして、ホームページの接続先を変えたり、キーボードの入力情報を詐取する犯罪が発生しています。
  • ホームページを閲覧中に偽のエラーメッセージなどを表示(例:「パソコンのエラーが発生しました!」)し、言葉巧みに偽のセキュリティソフトをダウンロードさせた上で、クレジットカード番号などを入力させ代金を請求してくる犯罪が多発しています。

被害に遭わないためには

OS・ブラウザ・メールソフトのアップデートをきちんと行ないましょう。セキュリティ上の欠陥を放置しておくと、ホームページを見たり、メールを開いただけで、不正なプログラムをインストールされる場合があります。
ウイルスチェックソフトなどのセキュリティソフトを利用することをお勧めします。

先頭に
戻る