【2019年最新】おトクなクレジットカードの選び方とは?

街のお店やネットショッピングで簡単に決済ができ、さらにポイントもたまるなど、便利でおトクなクレジットカードは、いまや日々の暮らしに欠かせません。とはいえ、クレジットカードを自分でつくろうとすると、さまざまなカードがあってどのクレジットカードを選んだらいいかわからないと悩まれる方が多いのではないでしょうか。

一口にクレジットカードといっても、「年会費」「ポイントのたまりやすさ」「割引や特典」、さらにどこで使えばおトクかなど千差万別。きちんと調べずにクレジットカードをつくってしまうと、本当は受けられたはずの割引や特典、ポイント獲得を逃してしまうことも…。今回は、クレジットカードのつくり方に加えて、自分にとって一番おトクなカードを選ぶコツをご紹介します。

おトクにクレジットカードを選ぶポイント

クレジットカードで何ができるかを実はよくわかっていない、クレジットカードを作りたいけどどれも同じに見える…。そんな方のためにも、まずはクレジットカードを持つメリットや比較のポイント、サービス内容など、基本的な情報を解説します。

クレジットカードを持つメリット

改めて、クレジットカードとはどんなものか、そのメリットをご説明します。

キャッシュレスでスマートな生活が送れる
クレジットカードは所有者の社会的な信用によって、後払いで商品購入などの決済ができるカードです。財布に現金がなくてもスマートにお買い物ができることで、キャッシュレス生活を楽しく便利に送ることができます。
ポイントがたまる
クレジットカードのメリットとして代表的なものが、支払い金額に応じてポイントがたまるというもの。現金払いからカード払いに切り替えると、ポイント獲得分だけおトクになります。
ショッピング保険が適用される
名称はカード会社によりさまざまですが、ショッピング保険がついたクレジットカードがあり、カード払いで購入した商品に盗難・故障などの補償がつく場合があります。
銀行振込や代引きの手数料がかからない
ショッピングサイトでお買い物をした際など、銀行振込や代金引換払いなどを利用すると、代金とは別に手数料がかかってしまいますが、クレジットカード払いの場合には手数料負担がありません。

クレジットカードを選ぶ際の5つのポイント

数多くあるクレジットカードの中から、自分に最適な1枚を選び出すにはどうしたらいいの?そんな声にお応えするために、クレジットカードを比較する上でのポイントをご紹介します。

1.カード発行会社を比較

現在、日本国内で数多くの会社がクレジットカードを発行しています。買い物時の使い勝手はほぼ変わりませんが、みなさんがよく名前を聞く大手カード会社には、やはり安心感があります。一方で、最近ではポイントのたまりやすさや独自の特典などの強みを持ったカード発行会社もあり、それも非常に魅力です。自分がカードに何を求めるかを考えることで、カード発行会社を選ぶ基準ができますね。

2.ポイント還元率を比較

先ほどもご説明しましたが、やはりクレジットカードの大きなメリットは、ポイントがたまること。たとえば、100円のお買い物につき1ポイントがたまるカードと、200円につき1ポイントがたまるカードがあったら、ポイントがたまりやすいのは前者のカードですね。一般的に100円につき1ポイント以上たまる(還元率1%)カードを高還元率カードと呼んでおり、一つの目安となります。

3.国際ブランドを比較

クレジットカードについている「Visa」や「Mastercard」というマークを見たことがあると思います。これは、クレジットカードのブランドをあらわすもの。世界規模で流通しているものが「国際ブランド」であり、日本で発行されているクレジットカードの多くは、国際ブランドがついています。一般的に以下のブランドを世界5大ブランドと呼び、世界中で知られています。

  • ・Visa
  • ・Mastercard
  • ・JCB
  • ・American Express
  • ・Diners Club

なかでも、大きなシェアを占めているのがVisaとMastercard。海外旅行によく行く、国内のいろいろなお店でのショッピングに利用したいなど、自分のライフスタイルに合わせた国際ブランド選びをするのがおすすめです。発行元のカード会社により、選べる国際ブランドも違うので、自分の利用したい国際ブランドを扱っているかどうかも、クレジットカード選びの基準になりますね。

4.付帯サービスを比較

クレジットカードには、基本的な機能に加え、さまざまなサービスがついているものがあります。利用する方にとってもメリットが大きい代表的なサービス例をあげてみましょう。

【ポイントサービス】

通常はカードの利用額に応じてポイントがたまります。なかには、特定のお店を利用するとポイントがアップすることもあるので、チェックしておきましょう。

【マイレージサービス】

飛行機の搭乗距離など、カードの利用額などに応じてマイレージがたまるサービスです。

【優待割引サービス】

クレジットカードを提示することで、施設や飲食メニューなどの割引が受けられるサービスです。

【電子マネー】

カードをかざすだけでカンタンに決済できる電子マネー。NTTドコモ発行の「iD」、楽天Edy発行の「Edy」、イオングループ発行の「WAON」などがあります。電子マネーの方式には、プリペイド(前払い)とポストペイ(後払い)があり、「Edy」や「WAON」は事前にカードにチャージが必要なプリペイド式、「iD」は使った分だけ後払いするポストペイ式なのでチャージは不要です。

【付帯カード】

クレジットカードを持つことで、会員の家族が持つことができる家族カードやETCカードを作ることができるサービスです。家族カードは、サービス内容が本会員とほぼ同じであることが多いのがメリットです。有料道路の通行料金の支払い専用であるETCカードについては、クレジットカードと同様に、利用するごとにポイントがたまる場合もあります。

【付帯保険】

国内・海外旅行時に適用される保険やショッピング保険など、万一の際に安心の補償がつく場合があります。主な保険には以下のようなものがあります。

  • ・海外旅行中のケガや病気による治療費用のほか、携行品の損傷などの損害保険まで幅広くサポートする「海外旅行保険」
  • ・国内の旅先での不慮の事故をサポートする「国内旅行傷害保険」ご利用航空機の遅延などによって生じた、思わぬ費用を補償する国内航空便遅延費用特約がセットになった保険もあります。
  • ・クレジットカードで購入した品物が、万一盗難、破損などの損害を受けた場合に補償してくれる「ショッピング保険」

5.年会費を比較

「年会費」とは、クレジットカードを1年持ち続けるためにかかる費用をいいます。年会費無料というカードも多く、初年度は無料で、2年目以降は前年に一度でもクレジットカードを利用すれば無料というカードもあります。グレードの高いゴールドカードには年会費が10,000円程度かかるものもあります。「クレジットカードにかかる費用をなるべく抑えたい」と考えて「年会費無料」のカードを選びたくなる方も多いと思います。でも、年会費がかかるカードの多くは、付帯サービスが充実しており、年会費を払って手厚いサービスが受けたほうが、結果的におトクになる場合も。日々の暮らしの中で付帯サービスを利用することが多いかを考えて、自分にとっておトクなクレジットカードを選択することが大切です。

クレジットカードを作る上で知っておきたいこと

ここでは、実際にクレジットカードを作る際に、ぜひ知っておいていただきたい内容をご紹介します。

クレジットカードのステータスとは?

クレジットカードには、カードの格をあらわす「ステータス」という考え方があります。ステータスが高いカードはレギュラーカードに比べ年会費がかかりますが、より多くのメリットを得ることができます。
一般的に、ステータスとして多くの方がイメージするのがゴールドカードではないでしょうか。ゴールドカードは一般的に年会費が10,000円程度かかるものが多いですが、先ほどご紹介した多くの付帯サービスがつく場合が多く、上手に使いこなせば年会費を払っても結果的におトクになることがよくあります。

クレジットカードを作った後の注意点

クレジットカードを利用する際に気をつけておきたい点をご紹介します。

有効期限に注意

クレジットカードには、カードごとに有効期限があるのをご存知でしょうか。便利なクレジットカードも有効期限が切れてしまっては利用できないので、おサイフに有効期限切れの古いカードを入れたままにしないように注意が必要です。カードの表面に有効期限が記載されているので忘れないようにしましょう。一般的にクレジットカード会社から新しいカードが送られてくるので、裏面にサインをして、古いクレジットカードはハサミなどで切り刻んで破棄しましょう。

使いすぎの注意

クレジットカードには、それぞれ1か月に利用できる限度額が定められています。限度額を超えるとカードが利用できなくなるので、大きな買い物をする際などはしっかりと確認しておきましょう。

この記事のまとめ

クレジットカードを作る際には、まず自分のライフスタイルにぴったりのクレジットカードを選ぶことが大切です。カード選びのポイントをしっかりとチェックして、自分にとって便利でおトクな1枚を見つけてください。

  • 本文中においては、1ポイント=1円相当のクレジットカードを前提として、記載しております。