海外旅行保険のご案内

保険の種類

傷害

死亡

保険金額

会員ご本人様 1億円(※)
ご家族 1,000万円

保険金をお支払いする場合

旅行期間中の事故によるケガが原因で事故の日から180日以内に死亡された時。

お支払いする保険金

保険金額の100%をお支払いします。

後遺障がい

保険金額

会員ご本人様 程度に応じ400万円~1億円(※)
ご家族 程度に応じ40万~1,000万円

保険金をお支払いする場合

旅行期間中の事故によるケガが原因で事故の日から180日以内に後遺障がいを生じた時。

お支払いする保険金

後遺障がいの程度に応じて保険金額の4~100%をお支払いします。

治療費用

保険金額

会員ご本人様 最高300万円(一事故の限度額)
ご家族 最高50万円(一事故の限度額)

保険金をお支払いする場合

旅行期間中の事故によるケガが原因で医師の治療を受けた時。

お支払いする保険金

以下の[1]~[3]の費用のうち実際に支出された金額を1回の事故につき、保険金額を限度としてお支払いします。

  1. [1]治療のために必要な次の費用
    1. 1診察費・手術費等診療関係費、入院費
    2. 2病院までの交通費、緊急移送費、転院費(入院先の病院で治療が困難な場合など)
    3. 3ホテル客室料(入院が不可能である場合など)
    4. 4通訳雇用費用
    5. 5義手・義足の修理費(ケガの場合のみ)
  2. [2]入院により必要となった身の回り品購入費、通信費(1事故につき、身の回り品購入費は5万円限度、通信費と合算して20万円限度)
  3. [3]入院により必要となった旅行行程復帰または、帰国のための交通費、宿泊費(払戻しを受けた金額、負担することを予定していた金額を除きます。)

お支払いできない主な場合

また、原因のいかんを問わず頸部症候群(いわゆる「むちうち症」)および腰痛での他覚症状のないものについては保険金をお支払いできません。

疾病

保険金額

会員ご本人様 最高300万円(一疾病の限度額)
ご家族 最高50万円(一疾病の限度額)

保険金をお支払いする場合

以下[1]、[2]に該当した場合。

  1. [1]次に掲げる疾病のいずれかを直接の原因として責任期間終了後48時間を経過するまでに治療を開始した場合
    1. ア.責任期間中に発病した疾病
    2. イ.責任期間終了後48時間以内に発病した疾病。ただし、その疾病の原因が責任期間中に発生したものに限ります。
  2. [2]責任期間中に感染した感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成10年法律第114号)第6条(定義等)に規定する次のいずれかの感染症を直接の原因として責任期間が終了した日からその日を含めて14日を経過するまでに治療を開始した場合
    一類感染症、二類感染症、三類感染症、四類感染症

お支払いする保険金

下記の[1]~[3]の費用のうち実際に支出された金額を1回の病気につき保険金額を限度としてお支払いします。

  1. [1]治療のために必要な次の費用
    1. 1診察費、処置費、手術費、入院費
    2. 2病院までの交通費、緊急移送費、転院費(入院先の病院で治療が困難な場合など)
    3. 3ホテル客室料(入院が不可能である場合など)
    4. 4通訳雇用費用
  2. [2]入院により必要となった身の回り品購入費、通信費(1疾病につき、身の回り品購入費は5万円限度、通信費と合算して20万円限度)
  3. [3]入院により必要となった旅行行程復帰または、帰国のための交通費、宿泊費(払戻しを受けた金額、負担することを予定していた金額を除きます。)

お支払いできない主な場合

また、原因のいかんを問わず頸部症候群(いわゆる「むちうち症」)および腰痛で他覚症状のないものについては保険金をお支払いできません。

賠償責任

保険金額

会員ご本人様 最高5,000万円(一事故の限度額)
ご家族 最高1,000万円(一事故の限度額)

保険金をお支払いする場合

旅行期間中に誤って他人をケガさせたり他人のものを壊したりして、被害者から法律上の損害賠償を請求された時。

お支払いする保険金

以下[1][2]のうち実際に支出された金額を1回の事故につき保険金額を限度としてお支払いします。

  1. 1法律上支払わなければならない損害賠償金
  2. 2保険会社が妥当と認めた以下の費用

お支払いできない主な場合

  1. 1ホテルの客室および客室内の動産(セイフティボックスのキーならびにルームキーを含みます)
  2. 2ホームステイ先の部屋および部屋内の動産
  3. 3レンタル業者から貸借した旅行用品または生活用品

携行品損害

保険金額

会員ご本人様 最高50万円(年間限度額)
ご家族 最高15万円(年間限度額)

保険金をお支払いする場合

旅行期間中に携行する身の回り品(被保険者の所有するもの・旅行行程開始前に被保険者がその旅行のために他人から無償で借りた物)が盗難・破損・火災などの偶然な事故にあって損害を受けた場合。

お支払いする保険金

保険価額または修繕費のいずれか低い方を保険価額を限度としてお支払いします。ただし携行品1つ(1点または1対)あたり10万円が限度となります。また、旅券の盗難などによる損害については、現地での再発給費用(交通費、宿泊費を含みます)を5万円を限度としてお支払いします。

  1. 11回の事故ごとに損害額のうち3,000円はご自身で負担していただきます。
  2. 2乗車船券、航空券などについては、事故の後に実際に支出した費用を1事故つき5万円を限度としてお支払いします。
  3. 3保険価額:再取得価額から使用による消耗、経過年数等に応じた減価分を控除して算出した額をいいます。

お支払いできない主な場合

救援者費用

保険金額

会員ご本人様 最高500万円(年間限度額)
ご家族 最高50万円(年間限度額)

保険金をお支払いする場合

旅行期間中に

  1. 1ケガをして事故の日から180日以内に死亡された時
  2. 2病気により死亡された時
  3. 3病気にかかり医師の治療を受け、旅行行程終了後30日以内に死亡された時
  4. 4ケガまたは病気により継続して3日以上入院された時
  5. 5搭乗している航空機、船舶などが行方不明または遭難した時
  6. 6事故により生死が確認できない場合または緊急な捜索・救助活動が必要となった時。(ただし被保険者の無事が確認できた後に現地に赴く救援者の費用は対象となりません)

お支払いする保険金

被保険者、被保険者の親族(救援者)が支出された次の費用を、補償期間を通じ救援者費用など保険金額を限度としてお支払いします。

  1. 1捜索救助費用
  2. 2捜査・看護のため親族が現地へ赴く往復運賃(救援者1名限度、7日以上継続入院の場合3名限度)
  3. 3現地でのホテル客室料(救援者1名かつ14日分限度、7日以上継続入院の場合3名限度かつ14日分限度)
  4. 4現地からの遺体移送費用
  5. 5渡航手続き費および現地での諸雑費(5万円限度、7日以上継続入院の場合20万円限度)
  6. 6遺体処理費用(100万円限度)

お支払いできない主な場合

海外航空便遅延費用特約

乗継遅延

保険金額

会員ご本人様 2万円限度
ご家族 2万円限度

保険金をお支払いする場合

被保険者が航空便を乗り継ぐ場合において、乗継地点へ到着する被保険者の搭乗した航空便の遅延によって、乗継地点から出発する被保険者の搭乗する予定だった航空便に搭乗することができず、到着便の実際の到着時刻から4時間以内に出発便の代替となるほかの航空便を利用できなかった時。

お支払いする保険金

被保険者が支出した費用(ホテルなど客室料・食事代)を、1回の事故につき2万円を限度にお支払いします。

手荷物遅延

保険金額

会員ご本人様 1万円限度
ご家族 1万円限度

保険金をお支払いする場合

被保険者が搭乗する航空便が予定していた目的地に到着してから6時間以内に、被保険者が携行する身の回り品で、かつ、航空便の搭乗時に当該航空会社が運搬を受託した手荷物が予定していた目的地に運搬されなかった場合。

お支払いする保険金

被保険者が支出した費用(衣類購入費用・生活必需品購入費用)を、1回の事故につき1万円を限度にお支払いします。

手荷物紛失

保険金額

会員ご本人様 2万円限度
ご家族 2万円限度

保険金をお支払いする場合

被保険者が搭乗する航空便が予定していた目的地に到着してから48時間以内に受託手荷物が予定していた目的地に運搬されなかった場合。

お支払いする保険金

被保険者が搭乗する予定だった航空便が予定していた目的地に到着してから96時間以内に被保険者が予定していた目的地において負担した費用(衣類購入費用・生活必需品購入費用)を、1回の事故につき2万円を限度にお支払いします。

出航遅延

保険金額

会員ご本人様 1万円限度
ご家族 1万円限度

保険金をお支払いする場合

被保険者が、搭乗する予定だった航空便について、出航予定時刻から4時間以上の出航遅延、航空便の欠航もしくは運休または当該航空会社の搭乗予約受付業務のかしによる搭乗不能が生じ、当該航空便の出航予定時刻から4時間以内に代替となるほかの航空便を利用できない時。

お支払いする保険金

出航地において、当該航空便の代替となるほかの航空便が利用可能となるまでの間に被保険者が負担した食事代金を1回の事故につき1万円を限度にお支払いします。

お支払いできない主な場合

保険金請求の方法

現地でご手配いただく書類

保険金請求書類 死亡保険金 後遺障がい保険金 治療費用保険金 救援者費用保険金 携行品損害保険金
※1
賠償責任保険金 航空機遅延費用
医師の診断書
※2
治療費の明細書・領収書
死亡診断書
事故証明書
罹災証明および盗難届出証明書
支出を証明する書類
示談書
示談金領収書
損害額を立証する書類
損害品明細書

別途お手続きいただく書類

保険金請求書類 死亡保険金 後遺障がい保険金 治療費用保険金 救援者費用保険金 携行品損害保険金
※1
賠償責任保険金 航空機遅延費用
損害額を証明する書類
除籍謄本
委任状・戸籍謄本
後遺障がい診断書
売上票(お客様控)※3
dカード(コピー)
保険金請求書
パスポート(コピー)

ご注意事項